少額で不動産投資ができるトーシンパートナーズの投資スタイル

リスクを減らす不動産投資

お金と電卓

サービス内容を確認

近年不動産投資を行う人が家賃保証会社を利用するケースは増えてきています。その理由として安定した形で不動産投資を行いたいという人が多い事が伺えます。物件を貸しても家賃が回収できない事態になってしまうと、素人ではその状況を解決するのは難しくなってしまう事が多いからです。また不動産投資を行う人で高齢の人も多く、家賃回収の安全性として家賃保証会社を利用するケースが増えてきています。サービス内容をしっかりと確認する事が大事です。家賃の滞納があった時に立替弁済や回収を行います。また家賃の督促等も迅速な対応となります。連帯保証人の所い親族以外にも家賃保証会社を義務つけていく方法を取る物件も増えつつあります。

借りる側も利用

賃貸物件を借りる際には、連帯保証人が必ず必要になります。一般的には両親がなるケースが多かったのですが両親の高齢化や核家族による兄弟等が連帯保証人になれないケースも増えてきています。その時に利用するのが家賃保証会社です。借主にとってのメリットは連帯保証人を探す必要がない点です。連帯保証人を頼みづらい状況の人や外国人などでは大きなメリットと言えます。利用する家賃保証会社によって費用は異なります。家賃の半月分から一ヶ月分など様々な金額が設定されていますので要確認です。また二年毎の更新の際にも若干安くはなりますが徴収されます。連帯保証人を立てられる人でも物件によっては家賃保証会社の利用が義務付けられる場合がありますが、借主にとってはデメリットになりますので物件選びの際には慎重に確認しながら進めていくと安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加